背負やすさ この差は大きい!

子ども思い

この差は大きい!

背負いやすさ。

本体をどんなに軽くしても、教科書を入れると
どうしても重たくなってしまうのがランドセル。
そこで大事になるのが、身体にフィットさせる工夫。
重みを両肩と背でしっかり受け止めることができれば、
重い荷物も軽く感じることができます。
そのためには、材質、形状、加工はどうあるべきか。
池田屋のランドセルには、ベルトの肩ずれや食い込みの解消まで考えた
“重たく感じさせないための工夫”が詰まっています。
この背負いやすさ。
毎日の行き帰りに感じる負担が違ってきます。

軽くするだけではない
重たく感じさせないための工夫の数々。

ランドセルの本分である背負いやすさを
材質、部品の形状、加工…
あらゆる観点から総合的に実現しました。

12

肩にやさしい牛革ベルト。

肩ベルトにはフィット感と強度に優れた牛革を採用。身体になじむ革のやわらかな感触が、やさしい背負い心地を実現します。裏側は汗で傷まないよう人工皮革で防水仕様に。背負いやすさにこだわる池田屋では、人工皮革のモデルにも牛革ベルトを使っています。(758除く)

【関連情報】耐久性/10.やわらかストロング牛革ベルト。
牛革ベルト
13

どんな体系の子どもにも
ぴったりフィット。

背負いやすさを左右する一番のポイントは、肩ベルトのフィット感です。そのフィット感をサポートするのが「ぴかいち背カンするぴた」。背カンが上下左右に自在に動くので、肩にベルトが食い込むことなく、どんな体型の子どもにもぴったりフィットします。

ぴったりフィット
14

ベルトの上下一体設計で、
肩ずれや食い込みを解消!

肩ベルトと下ベルトを一体的にカーブさせた「フィットラインベルト」により、フィット感はさらにアップ。ベルトの肩ずれや食い込みを解消し、新領域の「背負いやすさ」を実現しました。

フィットラインベルト
15

すっきり設計の
「ギボシベルト」なら痛くない!

一般的なバックルタイプのベルトでは、どうしてもベルトから出っ張ったバックルが、わき腹や肘に当たってしまいます。そこで独自に開発したのが、出っ張りのないすっきり設計の「ギボシベルト」。子ども思いに満ちたやさしい工夫です。

【関連情報】安全性/28.とがった金属の使用をゼロに。
牛革ベルト
16

背当てのイヤな
汗ムレをシャットアウト

背あてには、防水性・通気性抜群の「ピンホール人工皮革」を使用。まるで呼吸するように、表面の通気孔からクッション内部に外の空気を取り込み、こもった熱を外に放出することで、イヤな背あての汗ムレを解消します。牛革製の背あてに見られる、汗や汚れによるカビの心配はありません。水拭き出来るのでお手入れも簡単です。

ピンホールクラリーノ
17

背中の丸みに合わせた、
やさしいカーブ設計。

人間の身体は丸い。背あては人間工学に基づいて設計された「ナチュラルフィットクッション」。縫い目がないナチュラルな形状の背あては、デコボコ感がなく自然にフィット。背中をやさしく包み込む感覚は、池田屋だけの快適さです。

ナチュラルフィットクッション