耐久性 子どもに負けない強さ

子ども思い

子どもに負けない強さ

耐久性。

放り投げられたり、時にはつぶされたり。
ランドセルが手荒に扱われるのは当たり前。
1950年の創業以来、池田屋の歴史は耐久性との格闘でもありました。
素材の特性を知りつくし、構造を研究する。
そして、ひとつひとつの工程に
細やかな心配りと手間をかけて、入念に仕上げてゆく。
その仕立ての丁寧さが、大量生産では
到達できない強さを生み出します。

職人手作りによる
仕立ての丁寧さが生み出す頑丈さ。

素材を考え、構造を工夫し、加工には決して妥協しない。
強さのワケは手作りから生まれる仕立ての良さにあります。
6年間完全無料修理保証が実現できる理由です。

7

つぶれにくい。
独自のフレーム一体構造。

本体内部はハイパール樹脂製の一枚板を折り曲げ、マチの内側をすっぽり覆うように入れる一体構造。このハイパール樹脂フレーム構造により、圧力を受けてもつぶれない抜群の強度を誇ります。強固な樹脂板を間にはさんで縫い込む作業は難しく、手間もかかりますが、絶対に譲れないこだわりです。

ハイパール樹脂フレーム
8

型崩れやゆがみを防ぐ、
池田屋だけの特別な工夫。

最も型崩れしやすいマチの部分。元気いっぱいの子どもたちが使うことを考えれば、内側の補強だけでは足りません。そこで強度アップのために開発したのがこの変形防止板。弱点であるマチの上部に変形防止板を付けることで、ランドセルに掛かる負荷を多方向に分散(写真参照)。マチが「くの字」に折れ曲がるのを防ぎ、6年間きれいなカタチを保ちます。

型崩れ防止
9

金属よりも強い、ナイロン樹脂パーツ。

ランドセルの部品(袋掛け、変形防止板、背カンなど)には、軽量で強度・耐久性に優れたナイロン樹脂を使用。一般的には「金属製の方が強い」というイメージですが、鋳造タイプの金属は割れてしまうトラブルもあります。

ナイロン樹脂パーツ
10

「やわらかストロング」牛革ベルト

引き裂きの力に強い牛革は、人工皮革(クラリーノなど)では出せない強さを持っています。その牛革をベルトの表側に使い、裏側を汗で傷まないよう防水の人工皮革で補強。池田屋では人工皮革モデルにも、強くてフィット感の高い牛革ベルトを使っています。(758除く)

【関連情報】背負いやすさ/12.肩にやさしい牛革ベルト。
牛革ベルト
11

強くて丈夫!3本ステッチの肩ベルト。

池田屋の肩ベルトは、強くて丈夫な3本ステッチ仕上げ。2本ステッチ仕上げや継ぎ目を鋲で止めているだけの肩ベルトとは違い、手間を惜しまずステッチをしっかりと縫い込むことで、糸切れの心配がない丈夫な肩ベルトに仕上げています。

3本ステッチ