子ども思いのランドセル

理想のランドセルを創るために。
私たちと開発者と職人たちの物語。

子ども思いのランドセル

開発会議

今も昔もランドセルの部品は既製品を使うのが一般的です。
部品まで自社開発しているメーカーは全国的にもあまり例はありません。

創業以来66年、私たち池田屋は、
どんなに小さな部品でも、子どもたちの身になって作ることを信念に、
「子ども思い」のランドセルを作り続けてきました。

お客様からの声をきっかけに、日々の気づきをヒントに誕生した、
「子ども思い」の工夫とアイデアがたっぷりと詰まったオリジナル部品の数々。

これは、その一つひとつにまつわる私たち開発者と職人たちの物語です。

順次更新予定