COLUMN読みもの

思いはいつも一緒

コラム

ディレクターのコーヒーブレイク,

静かなクリスマスが過ぎ、
静かなお正月を迎えようとしています。
なんか子どもの頃のお正月に戻ったようです。

  池田屋ランドセル 男の子のランドセルはベルバイオスムース・カラーステッチ・クロ×ブルー。女の子のランドセルはベルバイオスムース・カラーステッチ・アカ×ピンク。

池田屋は子どもたちと同じ視線の向こう側、未来を見つめています。男の子のランドセルはベルバイオスムース・カラーステッチ・クロ×ブルー。女の子のランドセルはベルバイオスムース・カラーステッチ・アカ×ピンク

時代と調和するランドセル

私の子ども時代は昭和40〜50年代でした。
現在のように年中無休のお店は少なく、お餅やお節料理など日持ちのする食べ物を食べ、家族や親戚が集まって、のんびりと過ごしていました。

 

子どもの遊びといえば、凧揚げ、駒回し、羽子板、福笑い、双六、トランプなどで、野球盤や人生ゲームなどのボードゲームが出始めた頃でした。

 

テレビゲームはブロック崩しが昭和54年、ゲーム&ウォッチが昭和55年、いずれも任天堂から発売され、花札を作って販売していた会社が大変身をした時代でした。
今では世界のnintendoですから、もの凄いデジタルトランスフォーメーションだったわけです。

 

池田屋ランドセルも、昭和の時代から作り続け、販売しています。
大きさが変わり、カラーも増え、新しい部品や機能もアップデートを繰り返しています。

 

池田屋ランドセルは、子どもたちの声に耳を傾け、時代と共に調和しているランドセルです。

  池田屋ランドセル 女の子のランドセルはベルバイオスムース・カラーステッチ・アンティークワイン×ピンク

池田屋創業地、清水の三保海岸から望む富士山です。女の子の背負っているランドセルは、ベルバイオスムースのアンティークワインで、ステッチカラーがピンクです。

上を向いて、前を向いて歩こう

来年は2021年、令和3年です。
来年にランドセルを購入するのは、2016年、平成28年生まれの子どもたちで、2022年、令和4年に小学校に入学する子どもたちです。

 

2016年といえばトランプ。アメリカ合衆国大統領選挙で、ドナルド・トランプさんが勝利した年でした。ブラジルのリオデジャネイロオリンピックが開催されました。

 

ランドセルを購入する時期が年々早くなり、近年では、年長さんになったばかりの4月〜6月にかけて購入されるご家族が多くなりました。

 

来年の4月〜6月の頃の状況がどのようになっているかは予断を許しませんが、少しでも明るい方向に向かうのを願うばかりです。

 

その都度、最新の情報をお知らせしますので、ホームページやinstagramfacebook、LINE、メルマガなどをチェックしていただくよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

明るい明日を夢見て。
みなさんと、思いはいつも、いっしょです。

 

良いお年を迎えられますように。

 

▼2022年度モデル カタログ請求はこちらから

一覧に戻る