子ども思い広場

読みもの

コラム

信号待ちのひととき。

むすこの背中,



むすこの横にいらっしゃるのは、近所の交差点で毎朝、子どもたちの安全を見守ってくれている高校の先生。

先生はむすこが1年生になったときからずっと、この交差点に立たれています。

だからずいぶん年齢は違うけど、2人は同級生なんだとか。

たまに交差点でお会いすると、先生は色んなお話しをしてくれます。

むすこがウキウキしていたときのこと、ちょっと元気がなかったときのこと、忘れ物をして焦っていたときのことなどなど。

家ではなかなか見られない彼の一面を、先生は熱心に、嬉しそうに話してくれます。

そんな先生にむすこも心を許しているようで、たまに余計な家庭事情まで喋ってしまい、朝からはずかしい思いをすることも…

あと一年半、親に似ておしゃべりな子ですが、懲りずに面倒をみてやってください。

どうぞ宜しくお願いします。

関連記事