子ども思い広場

読みもの

コラム

笑う門にはランドセル ​

もうすぐ節分、豆まきの季節です。
2月4日は立春。暦の上では春の始まりです。
今年の恵方は、東北東のやや東だそうです。


笑門来福 笑う門には福来る 池田屋ランドセル クラシック キャメル

「笑門来福」、笑う門には福来たる。門(かど)というのは”家族”や”家”のことで、いつも笑っている人の家には、自然に幸福がやって来るという意味です。写真は池田屋梅田店舗内の節分飾りです。池田屋ランドセルからたくさんの福豆が、たくさんの子どもに届きますように。

 

みんなを笑顔にするランドセル

思わず笑みがこぼれることってありますよね。

 

美味しい食べ物を食べたり、猫や犬の愛らしい仕草だったり、大好きなものが目の前にある時など、思わず笑みがこぼれてきます。

 

ランドセルも、思わず笑みがこぼれるアイテムだなあと思うことがよくあります。

 

それは、池田屋の店舗や池田屋ランドセル展示会で、多くのご家族にお会いすると、子どもに限らず、お母さん、お父さん、おばあちゃん、おじいちゃん、そこに居合わせた人の顔から、自然と笑顔になる光景をよく目にするからです。

 

喜びながらランドセルを背負うお子さんの姿に成長を感じたり、ご自身の子供の頃を思い出したり...。

 

おかしくて笑う笑顔とは違い、心の中から込み上げてくる笑顔からは、幸せオーラを感じるので、見ているこちらにも笑顔が伝わります。

 

節分の豆まきにしても、恵方巻きを食べる時も、みんな笑顔になる行事です。他の季節のイベントごとも笑顔が溢れます。

 

ランドセル選びも、ある意味では家族の思い出となるイベントですので、笑顔で迎えていただければ幸せがやって来るかもしれませんね。

 
池田屋ランドセル クラシック クロと深紅

池田屋ランドセルは、内も外も防水仕様。型崩れにも強い補強もしています。ランドセルは、池田屋ランドセル・クラシックのクロと深紅です。

 

福は〜ウチ、ソトも〜福のランドセル

そんな笑顔がこぼれるランドセルも、小学校入学から6年間という長い間、いろいろな状況を耐えていかなければならなくなります。

 

雨の日もあれば、雪の日も。暑い日もあれば、寒い日もあります。それに子どもは簡単にランドセルを放り投げますし、友達同士でランドセルの引っ張り合いをしたり、ランドセルに座っちゃたりする場合もあります。

 

池田屋ランドセルは、あらゆる状況でも耐えられるように設計されています。

 

雨の日にも安心できる防水仕様は、外側だけでなく内側にも行なっています。

 

ランドセル本体素材の牛革、クラリーノ、ベルバイオは、ザーザー降りの降水量10mmの雨の中でも浸水しない特注の防水素材です。さらに内側を樹脂フレームでカバーしているので、万が一の外からの浸水も防いでくれます。

 

強さも特徴があります。ランドセルが型崩れしないように、樹脂フレーム、樹脂パーツ3種類の合計4重補強をしています。押圧試験で実証された対荷重約80kgという強度は、元気な子どもにも負けない強さがあります。赤鬼、青鬼がやって来ても大丈夫...とまでは言えませんが、6年間安心してお使いいただけます。

 

詳しくは、池田屋ランドセル2020年度版カタログで説明していますので、資料請求をしていただければ、池田屋ランドセルの特徴がよ〜くわかります。

 

また、池田屋各店舗において、『池田屋ランドセル 選び方講座』を開催しています。少人数の講座なので、じっくり受講していただけます。
講座のご予約はお電話になります。下のバナーから選び方講座ページにリンクしますので、お近くの池田屋店舗の電話番号でご予約をしてください。

 

『ランドセルの門には福来たる』。池田屋ランドセルを通して、多くのご家族と『幸せの連鎖』が繋がりますように願いながら...節分の福豆と恵方巻きを食べたいと思います。

 

2020年度モデルのランドセルカタログの資料請求予約
2020年4月ご入学向けランドセルカタログ無料予約受付中

 

ランドセル選び方講座
池田屋ランドセル 選び方講座

関連記事