COLUMN読みもの

クルリン☆パッ!

コラム

ディレクターのコーヒーブレイク,

もうすぐハロウィンですね。
今年は世界中で静かなハロウィンになりそうですね。
気持ちだけでもハッピーハロウィンでいたいものです。

  池田屋ランドセル 魔法使いフックさんは袋掛けをカンタンに掛け外しができます。まるで魔法のようです。

池田屋ランドセルだけにある『池田屋フック』。魔法使い☆フックさんが子どもたちに魔法を授けてくれます。

池田屋ランドセルの魔法使い

ハロウィンの代表的なキャラクターといえば『魔女』がいます。

ハリーポッターのように魔法も使うと言い伝えられています。

池田屋ランドセルにも、「魔法みたい」とか「マジックみたい」と表現されるものがあります。

 

『池田屋フック』です。

 

ランドセルの両横についている、給食袋などが掛けられるフックです。

手の力が出てくる中・高学年の子どもたちは大丈夫なのですが、まだ力の弱い低学年の頃は、給食袋を取り外すのに一苦労してしまう子どもがいるという声を聞くことがありました。

力の弱い子でも簡単に取り外しができるフックは出来ないものか?

 

そこで池田屋オリジナルとして開発したのが「池田屋フック」です。

『魔法使い☆フックさん」というキャラクターもいるんです。

 
池田屋ランドセル 池田屋フックの袋掛けは、V字の切れ込みにひもを引っ掛けて下に引っ張るだけです。

池田屋フックの一番のポイントは『ひもの使い方』です。付けるのも外すのも『ひも』だけで簡単に出来ます。ひもを掛けるときは『V字の切れ込み』に、ひもを掛けて下に引っ張るだけです。

池田屋ランドセルだけのフック

池田屋フックの袋の掛け外しがカンタンなのは、フックの先端が『V字の切れ込み』に秘訣が備わっています。

給食袋をフックに掛ける時は、袋の『ひも』を『V字の切れ込み』に掛けて下に引っ張るだけです。

 

給食袋をフックから外す時は、袋の『ひも』の片方を『V字の切れ込み』にクルッと回して両方の『ひも』を重ねたら、両方の『ひも』グッと下に引っ張れば、パッと外すことが出来ます。

 

池田屋ランドセル 池田屋フックの袋掛けから取り外すには、片方のひもをクルッと回してひもを下に引っ張るだけでカンタンに取り外せます。
ひもを外すときは『V字の切れ込み』に、ひもをクルッと回して下に引っ張るだけです。

 

フックの留め金具を指で押さえなくても、『ひも』を使うだけでカンタンに掛け外しができます。

『V字の切れ込み』が深いので、袋の『ひも』が引っかかりやすくなっているからです。

 

子どものことを考えた機能性と操作性を兼ね備えた池田屋だけのオリジナル部品です。

 

ハロウィンは世界中の子どもたちのお祭りとして拡がっています。

子ども思いのお祭りとも言えます。

 

池田屋ランドセルは子どもの視線でランドセルを作っています。

子ども思いのランドセルです。

 

▼2022年度モデル カタログ請求はこちらから

 

▼池田屋フックのことは

池田屋ランドセル 一年生から使いやすい

一覧に戻る